竹の伐採と処理

茶杓のサイズ
昔は短かった。

1 必要な道具

■定規
■ボール(水を入れ、曲げの時に使うものなのでが広く深いものがよい)
■胴付鋸(目の細かいピラニア鋸など)
■曲げるための道具
■切り出しナイフ

2 どんな竹を選ぶのか

 茶杓は村田珠光からはじまり、利休の草形を極みとして多くは竹材で作られている。なかには象牙や樹木を素材としたものもある。使われる竹としては苫竹(マダケ)、雲紋竹、皺竹(シボチク)、は竹、きんめい竹などが適材で、さらに煤竹、ごま竹、実竹(じっちく・じつたけ・みだけ)などが用いられる。詳細は後述するとして、いずれを使うかは作者の意図するところや入手材料によるだろう。竹材の入手方法としては、近くに竹藪があれば所有者に断って伐採することもできるが、街中であればそうはいかない。竹材店やホームセンターなどで求めるのが早道だろう。珍しい竹や景色のよい竹が入手できれば作者としてこのうえない悦びである。通常、よく見られる白っぽい竹は、白竹といって竹の油を抜き、数日間天日に晒したものである。晒竹ともいう。なお、荒曲げしたものは茶道具店などで購入することも可能である。曲げは無理と思うのであれば、こうした成形された竹を購入するのもいいだろう。
size.jpg



3 削るときのサイズ

 竹選びが終わったら、枉げのための準備にはいる。はじめに1本の長い竹を切るわけだが、竹の景色──樋の具合、削げ、模様など──を見定めて切ることになる。

初心者はいわゆる標準形を作るのがいいだろう。ここでは18センチ前後の茶杓をつくることにする。節下(おっとり)は約10センチほどにする、切断時はそれよりやや長めに寸法(10.5~11センチ)をとる必要がある。露(櫂先の最先端)から節までが8センチ。枉軸から露までは2センチとする。
4 下削りをする
 前段で節上が全体長から節下を差し引いた長さの竹片ができあがる。茶杓になる前のもっともはじめの形だ。これを下削りするわけである。竹片の裏面は、竹に丸みがあるためm字形になっている。m字のままだと枉げづらく、きれいに枉がらないので、櫂先の裏部分と枉軸あたりを平らにする必要がある。枉げやすく、のちに削りやすくするために下削りは重要な作業なので心して臨みたい。

5 水に浸けて、煮る

 乾燥している竹は、そのままでは曲がらない。そのために水に浸け、十分に水分を含ませる必要がある。適当な器(大きいペットボトルが重宝)を用意し、水を張って底に沈むまで数日間浸けておく。これで竹は水をたっぷり吸収し、多少柔らかくなっている。この段階で枉げる人もいるが、煮沸しさらに柔らかくすると、枉げるときに好結果が得られる。ただし、煤竹を煮ると色が落ちるので要注意。



6 どうやって曲げるのか(撓めるのか)

■櫂先を形成するための曲げ

節から6.3~7センチあたり(流派によって枉げの角度が異なるので、調整が必要)の枉げたい部分の裏に鉛筆で印をつける。そこが枉げるときの目安となる。枉げ軸を裏、表と丹念に熱する。すると水分が蒸発し、その部分が白っぽくなってくる。枉げ時である。力をいれずじわりじわりと枉げていく。均等な力で美しいカーブがでるように、急がずゆっくりと枉げていく。あせってはいけない。求めるところまで枉げたら冷水に浸ける。鉄の焼き入れと同じで、急激に冷やすことでもとに戻らないようにするのである。 

■固定する

さて、枉げた竹はよく水分をとることも必要だが、湿り気が残っているので、枉げがもとに戻らないように固定し、乾燥させる必要がある。方法としては紐で櫂先を固定し、戻らないようにすることもひとつの方法である。これは各自工夫するといいだろう。

■枉げるための道具

手で枉げることのできるよう、余裕のある長さにあらかじめ切っておけばそれに越したことはない。が、景色の具合や竹の長さによってそうもいかないときがある。そうなると専用の道具の出番である。木などの材質で、自分の使いやすい道具を作るとよい。これもアイデアのだしどころである。