古流茶杓
竹坐会

ワークショップ

自分だけの茶杓を削る。

一日で茶杓と共筒をつくる。

2017-04-27_10-24-25_173.jpeg2017-04-27_10-24-25_173.jpeg

2017-03-20_10-53-26_000.jpeg2017-03-20_10-53-26_000.jpeg

2017-03-22_13-22-42_000.jpeg2017-03-22_13-22-42_000.jpeg

2017-06-10_09-33-55_003.jpeg2017-06-10_09-33-55_003.jpeg

2017-04-30_08-06-05_745.jpeg2017-04-30_08-06-05_745.jpeg

IMG_2926.JPGIMG_2926.JPG

茶杓塾のご案内

じぶんだけの茶杓をつくってみよう!

茶杓塾は茶杓づくりを体験、または覚えたい方の教室です。
趣味でも、茶杓師を目指す方でも、とにかく数を削ることが上達のコツ。
茶杓塾ではさまざまな伝書に基づいて作り方をお教えいたします。
ほかでは教えてくれないコツがあるかもしれません。
もうひとつの特徴は共筒も同時に作ること。
共筒は作るのに手間がかかるので、茶杓しか教えないところがほとんどです。
しかし、共筒は重要な役割があるので、ここでは茶杓と共筒を一緒に作ります。
一日かかりますので、長時間になりますが愉しい一日を過ごすことができると思います。

2017年8月27日開催。

◆日時/2017年8月27日開催
   10:00~16:30頃終了(荒枉げご希望の方は16:30~)

◆内容/伝書や秘伝書から茶杓と共筒づくりを学びます。
    ほかでは教えない茶杓の神髄を知ることができます。
    たとえば、なぜ茶杓は竹で作られたか、なぜ順樋と呼ばれるかなど、
    茶杓作りの書物にも書いていないこともお話しします。

    ご要望により荒曲げのみの講習もオプションで行います。
    フォームから別にお申し込みください。

◆定員/10名

◆講習費/
8,000円(白竹の荒枉げ+白竹の筒  
12,000円(煤竹の荒枉げ+白竹の筒
13,000円(煤竹の荒枉げ+煤竹の筒
(講習料・材料費・会場使用料込み)
茶杓用白竹の価格が高騰しており、やむなく値上げいたします。
*講習費は初回に限りに銀行振込となります。
*2回目以降のご参加は上記の料金より2.000円offになります。

◆2度目以降の方は茶杓のみ、筒のみでのご参加も可能です。
白竹茶杓/5.200円
煤竹茶杓/7.000円
白竹共筒/4.500円
煤竹共筒/8.000円
*時間は茶杓は10:00~ 共筒は14:00~となりますのでご了承ください。

◆荒枉げ(竹をまげる講習)/
白竹 4.000円
煤竹 6.000円 
荒曲げは通常の講座終了後おこないます。(変更の場合あり)
削りはされずに荒曲げのみの参加も可能)

◆場所/多摩平の森ふれあい館
・所在地 /〒191-0062 東京都日野市多摩平2丁目9
・電話 /042-585-2000 
・交通機関 JR中央線「豊田」駅北口より徒歩6分

詳細は下記のアイコンから

Doticon_wht_Up.png

◆申し込みは下記から
お申し込み時にはPC用のアドレスをご使用ください。
スマートフォンなどの場合、添付書類があるために送付できないことがあります。
スマートフォンに送付希望の場合は「chikuzakai@rakufoo.com]が受信できるように設定をお願いします。


お申込み  
はじめての方
初めてのお申し込みは下のアイコンから

Doticon_wht_Up.png

はじめてのお申込み

2度目以降の方
2度目のお申し込みは下のアイコンから。

Doticon_wht_Up.png

2度目のお申込み

荒枉げのお申込みは下のアイコンから

Doticon_wht_Up.png



*詳細はお申込み後にメールにてご案内いたします。
 万一、お申し込みいただいてから3日を経ても返信メールが
 届かない場合は、ご面倒ですがこちらから再送ください。